Leiden DVD Their own words vol.1


 
ボーナストラックに入っているインタビュー映像。
「Libera In Their Own Words」(前半)

よく考えたら、これ先に見ればメンバー紹介ばっちりぢゃんね(゜▽゜)おせーよ
しかも自己紹介だし。

ジョシュ→トム→江戸→ミニベン→コール弟→コール兄→JB→コナー→リアム
→スレッグ→アレックス→Vケル→コブ→ジョー→マイケル→ビッグベン→カラム
→ティアーナン→ザックん

超素敵トムとやや素敵な仲間達と江戸以外は十把一絡げで。
(かなりわかりやすい贔屓)
トムがちょっとでも映ったらいちいちコメント入るんでよろすく( ̄▽ ̄)ノ
 
 
◆スターの自覚はある?◆

ジョシュ「周りからはスターに見えるかも知れないけど、自覚はないよ」
謙虚でかわええぢゃないの。笑顔がまぶしいぢゃないの。

次のジョー「自分はスターなんだって思うよ」だってさ。
ある意味すげぇこの子。言い切ってんよ。自分で言っちゃダメでそ。
Salva meで歌がすごいと思って、その後これ見て、ちょっとえって思ったんだよな。

江戸「家族が支えてくれてるから心強いよ」
このころはまだ専務クラス。今や社長ですね。出世しましたね。

高原で寝転がってるのをビッグベンが撮影。これFar AwayのPVんとこだね。
なんかイギリス少年たち爽やかすぎなんだけど。メントス並み。
トム、思っきしつぶされちゃって。

この青シャツ姿、ざ・りべら( ̄▽ ̄)

これは池袋のナムコナンジャタウン!こんなうちの近所にいたのねトムったら!
ナジャミー(←わざわざ調べた)に抱きつくトム。
やっぱ子供だよね~無邪気でかわええ(゜▽゜)キューン
ナジャミーの着ぐるみバイトしたいんですけどどーすれば。(面接行け)
 

◆Liberaでの生活はどう?◆

ミニベン「一生忘れないよ」
おばさんも君の笑顔は一生忘れないよぉぉお(*´▽`)ノ(聞いてねぇよぉぉお)

お土産スレッグ、またもや上唇がなっすぃんぐ。

あぁーーーオーチャードのサイン会!
トムがぁーっ!トムがぁーーっっ!!トムがぁーーーっっっ!!!

あたしもこれするはずだったのにーーーーー(泣)
思いのたけをぶつけよーと思ってたのにーーーーー(涙)
しまった。悲しみが復活してしまったorz

みんなでの練習風景。いいな。こーゆーの。
トム、独り言か?その後の考え事ポーズ、渋い。違いのわかる男、みたいな。
 

◆自分が主役になって目立ちたいと思う?◆

トム“No. Everyone in Libera is all equal.”
「思わないよ、リベラのメンバーは全員平等なんだ」

“Everyone, no one judges you that how many solos you do, for us.”
「みんな、ソロが多いからって誰も偉いとは思わないよ」

なんて大人な発言なのかしら。きっと心が優しい子なのね。
うんうん、わかるよ。
でも中にはそーぢゃない子も絶対いるよ( ´_ゝ`)ノ←大人の見解よせ
 

・・・てかトムの英語、ほんと聞き取りずらいんだよねorz
とりあえずいいの、アタシにはこう聞こえるのよ( ̄▽ ̄)開き直り
間違ってたら優しい目でスルーしてやってちょ。
 

その後のマイケルver. Far away♪やっぱマイケルのも好きだなぁ。
ジョシュ・トム・マイケル、存在感のある3人だったよね。しみじみ

ミニベン「ソロは少ないから選ばれてうれしかったよ」
素直だねぇ。この子はほんとにいー子だよ。ピュアっつーの?
(只今ミニベン祭り開催中)

またジョー「僕は普段の声が低いんだ、でも歌ってるときは高音が出るんだよ」
なんかスネオに見えてきたぞ。ジョー・スネオリングだな。

トム“We do quite a lot of practicing.”
「練習はたくさんするよ」

そーだろーね。トムはほんとに猛練習する子らしいからね。
そしてもっと上手く歌えるはずだと人知れず悩むこともあるらしいしね。(本人談)
その日々の努力があるから、あんなに美しい歌になるんだね。尊敬するよ。

お、カヴァナがトムの手ほどきを受けてる(゜▽゜)
こないだは咳き込んでたけど、これからポストトムとして頑張れカヴァナ!

ビッグベンが美声で長話し(ぉぃ)してる間にトムがジョーにも手ほどきを。
やっぱジョーは期待されてたんだね。スネオだけどね。

またカヴァナに。そのカヴァナの後頭部は寝癖爆発。
ビッグベンから伝授されたのか。きっとそーに違いねえ。

はい、きました。ジョーのツワモノ発言。
「そんなに難しくないよ、僕は高音が簡単に出せるんだ」
言い切った。まぁ、ほんとに簡単に出してるっぽいけどね。
“easy-“の顔、完全にスネオだし。そんなグッキーになるほどしなくても。ぶはは

トム“The practice makes perfect. and we are… perfect.”
「練習してるから僕らはいつも完璧だよ」

とか真面目な表情でかっこつけちゃったけど。
「どうかな・・・」と言って子供顔で笑ってる。
クルクルいろんな表情を見せるトムにはたくさんの魅力が詰まってるよ(*´▽`)ノ
 

んじゃ、後半はまた今度。

Leave a comment

Filed under in Japanese, Leiden Concert

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s