ANGEL VOICES DVD

 
リベラ病もだーいぶ重症になってきた今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか?

リベラへのこの暑苦しい想いを溜め込むのは体に毒だということで、
リクエストにお答えして
(誰も頼んでない)

「ANGEL VOICES Libera in concert」(2007) 

をオタク的に掘り下げていきたいと思います\(゜▽゜)/
もちろんアタシ目線ですので、主にトムごひいきでお送りしまっする。

おそらくマニアックな解説&感想が予想されますが。
引くわ、とかゆーコメントは受け付けませんよ、百も承知なんで。

引かしてナンボ( ̄▽ ̄)ウフ
 
 
ではこのDVDを見たときある方も、そうでない方も、
キモさ全開シリーズにお付き合いくださいまし。
(最後まで辿り着く前にこの作業に飽きちゃったらごめんよ・・・先に謝っとこ)

一応出てくる子たちの簡単な説明(独断と偏見による目立つ順)

トム(Tom Cully) 当時12歳 写真手前左
言わずと知れたリベラのメインソリスト。もちろん1stトレブル。高音の名手。
イガグリ坊主なのにたまにすごく大人びた表情をする。
歌ってるときは常に泣きそうな顔。
普段は落ち着きのないガキンコ。(本人も言ってる)

ジョシュ(Joshua Madine) 当時12歳 写真手前右
とにかくいっつも笑顔のバーゲンセール。3rd~2ndトレブル。
何気にハスキーで素敵な声。歌い方はなんか幼い感じ。

エド(Edward Day) 当時11歳 写真右端
トムの次にソロが多い。1stトレブル。高音綺麗。ハモルのも多い。
うちの相方は彼のことを「エド・ミケルソン」と呼ぶ。
プロゴルファーのフィル・ミケルソン(おじさん)にえらい似てるんだって。

リアム(Liam Connery) 当時11歳
こちらもなかなか素敵な高音の持ち主。1stトレブル。
歌ってるときは常にビックリ顔。すんげー睫毛だなぉぃ。

ミニベン(Benedict Philipp) 当時11歳
これぞ外人って感じの顔。1stトレブルもいけそうだけどちょっと何かが足りない感じ。
おしゃべりは一番上手であろう。

以上がスタメン的ポジションね。
あとは、

マイケル(Michael Horncastle) 当時14歳
先代のメインソリスト。もう声変わりしたのでアルト部隊。
歌ってるときはウットリ菩薩顔。
彼には年頃男子の成長の早さを思い知らされますたorz

ジョー(Joseph Snelling) 当時11歳
普段は声低いけど高音は簡単に出せるよ、と言ってのけたツワモノ。
ポストトムかと思ってたのに・・・辞めちゃったのね?!

スレッグ(Sam Leggett) & アレックス(Alexander Leggett) 兄弟
兄、瞬き多すぎ。弟、口でかすぎ。

ザックん(Zack Lockett) 当時11歳 写真トムとジョシュの間
一番ちっさい子。2ndトレブルだそうだけど、イマイチ声がわからん。

他8人、省略。スマン。(ぇ)
 
 
あぁやっぱり。
前フリだけでこの長さ。今日から1曲目に入ろうと思ってたのに。
次からにしよ。

日記の題名は省略して『Leiden DVD vol.1~』とかなんとかにしまふ
なんか徹夜してまでやりそーな自分が見えるわ・・・( ̄ー ̄)フッ

Leave a comment

Filed under in Japanese, Leiden Concert

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s